就職活動で英語力は有利に働くのか?

英語力は就職活動で有利になる!?英語ができて損はありません。 - アピールポイントの一つにすることができる

アピールポイントの一つにすることができる

英語に関しては資格試験を受けたからといって、特別な事が出来るようにはなりません。
運転免許のように持っていなければ車の運転が出来ない資格の場合、持っているかどうかは就職活動で重要なポイントになることもあります。
ただ、英語力を客観的に示すことができるために、有利に働くことは多いのです。
■資格があると比較がしやすい
英語にはいくつかの資格試験がありますが、TOEICの場合は点数で結果が出てきます。
ですからこの点数を比較することによって、他の応募者と英語力を比べることができるのです。
英語力に関しては実際に話しながら見極めることもできますが、全ての応募者に対してそれだけの時間を使うような余裕はないのです。
点数で比較することができれば簡単に分かりますから、時間を使わなくてもある程度の絞り込みができるようになります。
ですから求人の応募資格にTOEICなどの点数を記入しておくことは、とても大事なことなのです。
■資格がないとアピールできない
求人の応募資格にTOEICの最低点が記載されていない場合、当然ですが英語が苦手な人でも応募することができます。
ですが他の応募者が点数を書いていた場合、それは能力としてのアピールになります。
英語の資格が高得点だからといって、すぐに仕事で活かせるとは限りません。
ですから企業側でもあまり重視していない場合もあります。
ただ、アピールできる能力が一つ減ってしまう事になるのです。
■能力の一つとしてアピールになる
英語力が点数で簡単に比較できるために、資格を持っていると有利に働く場合もあります。
ただ、企業側も点数が全てとは考えていないので、応募条件に指定していない場合もあります。
ですが持っていれば能力の一つとしてアピールできるので、有利に働くことは多いのです。

関連する記事

Copyright(C)2017 就職活動で英語力は有利に働くのか? All Rights Reserved.