就職活動で英語力は有利に働くのか?

英語力は就職活動で有利になる!?英語ができて損はありません。 - 英語力はこれから必要になっていく

英語力はこれから必要になっていく

就職活動を始めてみると、英語力に関してあまり役に立たないと感じている人がいるようです。
始める前は英語ができた方が良いと思っていたのに、求人を見ていると応募条件に英語の資格が書いてある企業が多くないのです。
ですから英語力があっても就職活動ではあまり役に立たないと思うかもしれませんが、実際は有利に働くことも多く使えます。
■応募条件に書いていなくても役に立つ
求人を見ても英語の資格が応募条件として書いてある企業は、あまり多くありません。
ただ、以前よりは増えてきていますし、これからは更に増えると考えられています。
特にTOEICの点数に関しては、採用する企業も多いので試験を受けておいた方が良いのです。
応募条件にはTOEICの点数が記載されていなくても、英語が出来る場合は得意な事としてアピールすることができます。
企業としても今は英語が必要ないと思っていても、今後は必要になる可能性を考えている場合も多いのです。
■英語力を求める企業は増えていく
今は業務の中で英語を使う機会がないとしても、これから必要になると考えている企業はたくさんあります。
国内だけの取り引きでは限界を感じている場合、海外進出を考え始める事になるのです。
先のことまで考えている企業の場合、条件に英語力を入れていなくても強いアピールになります。
ですから英語の資格を持っている場合は、しっかりと記入することが大事です。
■企業も英語が必要だと考えている
日本国内の取り引きだけでも十分に成長できる時代もありましたが、最近は取引先として海外も視野に入れる事が多くなりました。
そうなると英語力が必要になってくるので、応募条件とは関係なく有利なアピールポイントにできるのです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2017 就職活動で英語力は有利に働くのか? All Rights Reserved.