就職活動で英語力は有利に働くのか?

英語力は就職活動で有利になる!?英語ができて損はありません。 - 筆記試験で英語が出題される場合もある

筆記試験で英語が出題される場合もある

就職活動の際には、面接の他にも筆記試験が用意されている場合があります。
筆記試験では一般常識が問われることが多いのですが、英語に関する試験もあるのです。
当然ここでは英語力が試されることになるので、英語が苦手な場合には筆記試験で不合格になる可能性もあります。
■筆記試験で英語が出題される企業もある
筆記試験では一般常識に関する問題が出題される事もありますが、各教科に分かれた試験を行う企業もあります。
こういった内容は企業によって違いがあるため、希望する企業に合わせた対策が必要なのです。
ただ、一般常識に関しては気にならないものの、英語の試験があると気になる人も多いようです。
日本で生活していると学校で勉強するだけであり、英語に苦手意識を持っている人もいます。
ですから英語の試験がある企業だと分かると、避けたくなる場合もあるようです。
■それほど難しい問題が出るわけではない
英語力に自信がある人の場合、筆記試験として英語があるのは嬉しいかもしれません。
ですが実際の筆記試験の内容に関しては、それほど難しい問題が出題されるとは限らないのです。
あくまでも常識的な範囲の出題になっている場合も多く、英語力がそこまで求められいない場合もあります。
英語がどうしても苦手な人の場合も、他の科目で点数を稼ぐことができればそれで大丈夫な場合もあります。
職務の中で英語を必要とされる業種でなければ、少し有利に働く程度の場合もあるのです。
■多少は差を付けることはできる
筆記試験の点数は人数を絞り込むために使われる事が多く、一定以上の点数がとれればそれで十分な場合が多いのです。
高得点をとることで多少の差を付けることはできても、面接の印象などの方が重視される事が多いのです。

関連する記事

Copyright(C)2017 就職活動で英語力は有利に働くのか? All Rights Reserved.